正しい知識が必要

害獣駆除の前にしなければならない事

害獣駆除は基本的にはどんな動物にも同じ様な方法が使われていますが、当然その動物の大きさや習性によって対処法は変わってきます。また、例え害獣と言えども鳥獣保護法や動物愛護法と言った様々な法律の存在があるため、迂闊に手を出せば法に触れてしまう可能性もあります。その為、動物による被害を受けたらまずはどんな動物から被害を受けているのかを調べることからはじめる必要があります。実際に害獣駆除をする前にまずは相手がどんな動物なのか、どんな習性を持っているのかをきちんと知った上で道具を揃え、事前にしっかりとした対処法を立ててからの行動が重要になります。

害獣を駆除するためには

害獣駆除はまず自分の手で行うか業者に依頼するかを選ぶ必要があります。自分で行う場合には大きく分けて追い出すか捕獲するかの2つの方法から選ぶことになります。追い出す場合、忌避剤のような動物が嫌う匂いや超音波を発生させる装置を使用する方法が効果的です。動物によって嫌う匂いは違いますが、忌避剤や煙の使い方は基本的に共通していて、出口から遠い位置から外へ誘導する様にして使う必要があります。捕獲の場合は主に檻カゴや粘着シートといった罠を使用します。ただ置いただけでは警戒心が強い動物は罠の存在に気付いてしまいます。罠の上に何かを被せたり目立たない場所に仕掛ける等、動物に気付かせないような工夫をする必要があります。また、動物は決まったルートを使う場合が多いので足跡や毛を捜し出してその動物の縄張りや通り道をしっかりと把握することでより高い成果を挙げることが出来ます。害獣駆除に成功してもその後の対処を怠れば再び住み着いてしまったり糞や尿から病気を引き起こしてしまう可能性があります。最後まで気を抜かずにしっかりとした対策を取りましょう。