害獣からの被害

行政の制度を利用します。

サルは人里に下りて来て、畑の作物を食べなくても引き抜いて遊んでしまうなど人と害獣とのいたちごっこが現在も進行中です。人が山を切り開き、宅地造成をした結果、動物達が山にあった餌が減り、山から下りてきたと言われています。更に今まで山を管理していた人たちが高齢化により山に入らなくなったことも原因のひとつのようです。イノシシなどの害獣に対しては檻を行政が仕掛けてくれるケースがあります。自治体やその地域に限定されるものを多いようですが、害獣駆除の助成金が出るケースもあります。そちらを利用すると良いようです。

山の中でも対策が必要です。

近年では山も管理しなければいけない時代になっています。しかし害獣駆除を行う猟友会も現在では高齢化しており、後継者が不足しています。害獣駆除は人と動物が共存する上で大変難しい作業です。地方では害獣駆除の知識を得るためのサポート制度などもあります。また現在、地方の山では土地の所有者が不明のケースが多くあります。そのため害獣が入りやすい環境が出来てしまっています。山口県は竹林が全国的にも多く、春になるとタケノコが沢山収穫出来ます。しかし高齢化率も高い県ですので竹林に入る高齢者は減る一方です。そのためイノシシが今まで入ってこなかった竹林に侵入し被害が増大しています。しかし竹林の中でも柵をすると、柵の向こうが見えないとイノシシは恐れて入って来ません。柵などの対策をすることが必要となっています。