害虫駆除のスペシャリスト

素早い対処

害獣駆除は基本的には害獣駆除を専門としている業者に依頼することをおすすめします。というのも、害獣によっては捕獲することが法律で禁止されているため、市や県から許可を得る必要があるからです。

害獣からの被害

都会でもイノシシなどの害獣被害が報告されるようになりました。ましてや地方ではもう数十年前から害獣駆除の問題は発生しています。特にイノシシやシカは繁殖率も高く農作物の被害が甚大です。

正しい知識が必要

害獣とは人間に害をもたらす哺乳類の動物の事を指しますが、一口に害獣と言っても地域や家によってその候補に上がる動物は違く、一見意外とも思えるような動物が害獣として扱われていることも珍しくはありません。

黒アリとの違い

住宅外に棲み着いたコウモリ駆除は、駆除職人に任せて下さい。1匹残さず、徹底的に生活圏内から追い出してみせます。

害虫問題を放置してしまうと住宅を劣化させてしまうため、シロアリの退治をしましょう。コチラでは事前に診断調査もしてくれます。

生活している上で、害虫や害獣からの被害を受ける可能性は非常に高いです。実際に被害に遭っている人もたくさんいます。被害に遭ったことがある人は、二度と被害に遭わないように、被害に遭ったことが無い人は、予防として害獣駆除や、害虫駆除に対する正しい知識を持っておく必要があります。害虫や害獣と一言で言っても、種類は非常に多く、被害も様々です。その中でも、特に被害件数が多いのが、シロアリによる被害です。シロアリの存在を知っている人は非常に多いですが、実際にシロアリを見たことがある人は、それほど多くありません。その理由は、シロアリはあまり表に出てこないからです。シロアリの主食は、木です。そのため、木造住宅のような木で作られている家にとっては天敵なのです。しかし、木の表面には出てこないので、普段目にすることは少ないです。あまり目にしないシロアリですが、実は地球上に生息している昆虫の中で、最も多い昆虫なのです。そのため、シロアリがいなければ生態系まで崩れてしまうほどなのです。

普段目にすることが多いのは、黒アリです。シロアリは黒アリと姿が似ているのですが、実際はシロアリと黒アリは、天敵同士なのです。シロアリと黒アリという名前のため、同じありの仲間と分類されると思っている人も多いですが、シロアリはゴキブリの仲間で、黒アリは蜂の仲間なのです。シロアリと黒アリは天敵同士なので、それぞれ捕食する関係性となっています。見た目が似ているのですが、黒アリの場合は、触覚が「く」の字になっていて、くびれがあるのですが、シロアリの場合は、触覚が数珠状で、くびれが無いという違いがあります。

シロアリが自分の家に生息していると、家は状態が悪くなる一方です。そのため、なるべく早く対策することが大切です。対策する上で気をつけておきたいことは、まず点検をすることです。手遅れにならないように、点検をして早期発見することが大切です。また、床下を温めない方が良いです。温かい床下の場合は、シロアリが1年中活動し続けることになってしまうからです。

注目の記事

オススメリンク